ウキフカセ コマセ考察

DSC_0557
釣りジャンル
エリア
場所 清水港
釣行日 2019年04月07日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候 晴れ
対象魚 クロダイ
タックル がま磯SPインテッサ1.0号5.0m
道糸:2号
ウキ:B
ハリス:1.2号
テクノチヌ2号
その他

花粉、黄砂といつにも増して体調がすぐれないうえに、西からの強風のため、予定していた船には乗れず、用意していたエサを引っさげて清水港へ行って参りました。この日は日曜日、家族の用事も済ませて15時からと遅めに釣り開始となりました。堤防にはご家族連れなど数組の釣り人。一番手前でゆっくりとコマセを作ります。この日はチヌパワーVSPにオキアミ1.5kg、アミエビ800gほどの小ブロックと、友人から頂いた米ぬかを少々加え、柔らか目に海水を足しました。これを撒くと、水面には米ぬかが白く目立ち、まずオキアミ、アミエビ、チヌパワーと分離してゆっくり流れながら沈んでいきます。仕掛けを投入し、そこにコマセを被せると米ぬかは水面近くで漂い、コマセはまとまっていれば仕掛けに沿って早く沈み、バラければ仕掛けよりも早く流れ、仕掛けよりもゆっくり沈んでいきます。それなら、固まったコマセはウキの潮下、次にパラパラと仕掛けの潮上側にも撒いてみます。水深5~6m、ほぼ仕掛けが馴染んだ頃にコマセと同調するであろう撒き方を心掛けました。もちろん、潮の速さや風によって毎回違うであろうウキフカセ釣りであります。日没後、まず35cmのクロダイ、続けて30cmほどのメジナ、終了間際に42cmのクロダイを追加して納竿としました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , , ,