師崎のウタセ五目釣り

IMG_1986
釣りジャンル
エリア ,
場所 伊良湖沖
釣行日 2019年05月24日
アングラー 一宮店 藤盛 勉
天候 晴れ
対象魚 真鯛、ヒラメ、サワラ、ワラサなど
タックル 7:3調子 30号船竿
中型電動リール PE3号 先糸フロロ6号10m
針 12号 ハリス6号 3本針
エサ ウタセエビ、小サバ
その他 荒ます釣船さま利用
1人 12000円

久しぶりのウタセ真鯛釣りに行ってきました。釣果情報をみていると真鯛、ヒラメ、サワラ、ワラサ、マトウダイ、カサゴ、アイナメなどなど多彩な魚が釣れています。朝6時出船しばらく船を走らせてまず小サバを釣ります。これをウタセエビの変わりにつける事で五目釣りが成立するわけです。10本バリのサビキ仕掛に10匹必ずついてくるくらい爆釣です。魚に触らないように針はずしで魚を外していきます。エサの確保ですがこれがめちゃくちゃ楽しい。最近入れ食いというのを味わってなかったのをしみじみと感じます。50匹以上確保しいざ本命のポイントへ移動します。師崎では大型船は流し釣りになりオモリは60号統一となります。まずはウタセ、ウタセ、小サバと針につけて底まで沈めます。しばらくして回りにワラサやサワラなどが釣れ出し小サバが良い感じで効いてきているようです。そのうち私にも穂先をたたくようなアタリがありましたが、残念ながら針がありません。なんどかサワラに針を切られ、カサゴが釣れた所で船長からあと3m浮かしなさいとアドバイスと頂きました。そうするとゴツゴツグィーっと穂先をひったくるアタリで小さいながらマダイをゲット!!その後もう一匹マダイを追加し、最後にサワラをしつこく狙っていきました。何度も何度も針を切られ、最後の一投でようやくヒット!皆さんに見守られながらのサワラは尻尾のスレ掛りでした。おしくもタモいれ間近で針が外れてしまいました。

 

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,