好調高原川へ小遠征

DSC_0766
釣りジャンル
エリア
場所 高原川
釣行日 2019年07月24日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候 晴れ
対象魚
タックル がま鮎ファインマスターGSR H90
メタブリッドⅡ 0.05号
セッカ6.5号3本~4本イカリ
その他

ようやく梅雨明け間近という予報が聞かれましたが、静岡県内の鮎釣り河川は本調子までまだ時間が掛かりそうな状況です。そんな中、植田さんにお誘い頂き、梅雨で各河川増水が続く中でも比較的好調な高原川へ、同店長浜さんと3人で行って参りました。静岡からは約4時間の道のり、帰りのことも考慮して午前3時到着、仮眠後7時から釣り開始となりました。「朝は川の水が冷たいから、日が差してから追い始めるだろう」と考えていましたが、開始3分で1尾目。これが久しぶりに追星が鮮明で香りも高い、高原川らしい鮎。しばし見惚れてからオトリ鮎を交換しました。その後もポツポツとコンスタントに掛かり、3時間で20尾ほどを取り込むことが出来ました。小休憩を挟んで再開後間もなく根掛かり。。。これを外しに川の中ほどまで入ったのを機に、それまで釣っていなかった対岸寄りへオトリ鮎を泳がせると、ここで1時間以内に12連発。口や顔の周辺に掛かるため、バラシも多発するという課題もありましたが、その後もコンスタントに掛かり続けてくれました。帰りの時間も考慮して15時過ぎに納竿。17~21cmを51尾数えることが出来ました。実は、高原川へは8年ぶりの釣行でしたが、またすぐにでも行きたいと思える、あの景色、あの水質、そしてあの鮎でした。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,