北陸はパターンあり?!

CIMG2147
釣りジャンル
エリア ,
場所 福井 敦賀周辺
釣行日 2019年08月09日
アングラー 名古屋北店 中村 満
天候 晴れ
対象魚 セイゴ
タックル ロッド:オリジナルショート2種
リール:アルテグラ・ソアレBB2000
ライン:アーマード03・04号
リーダー:スーパーLハード1.7・2号
青イソメ
その他 尾鷲のセイゴは口に周りに飲まれずにフックを掛けられるが北陸のセイゴは食い方がバラバラなので なかなか難しいです。

前回の北陸は前半の不調を後半で何とかできたので その再現性はあるのか確かめるために行って来ました。仕事終わりから走り釣り場へ、釣り場には先行者あり 離れた場所で投げている。自分も開始・・・魚居ないですけど何か?どーするね?!とにかく探すとー 居た!左端でヒット!1匹目、次も左寄り2匹目、3匹目は正面で、4匹目は右だが空中で外れ海へ。魚の居場所の分布が読めない。根に付く場合とそうでない場合、後はレンジになるので検証、ウエイトを落として尾鷲バージョンにしてみると食った!やはり魚は上を見ている感じなのはわかった、それでもアタリは少ないので ほんの少しだけ重くするとこれが正解!レンジ中で上を見ている感じ。投げる方向を散らしてどこに魚が濃いかを探すのと場を休ませる投げ分けをしてポツポツ追加しているとそろそろ夜明けが近づく、そのタイミングで正面左でアタリが出る!派手にアタるので押さえ込んだアタリだけアワる。怒涛の連発が始まるとリーダー1.7号では厳しい~ もう1本タックルを組んでリーダー2号でガンガン掛けるがバレも発生、4時半過ぎまで釣れ続き終わってみれば34匹釣ることが出来ました。明け方前のラッシュはありました!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,