今年は良型!?

9月7日アジング、ギョピン
釣りジャンル
エリア ,
場所 尾鷲市曽根
釣行日 2019年09月06日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 アジ
タックル 竿:Tangaroa プロトアジングロッド
リール:ヴァンキッシュC2000HGS
ライン:エステル0.25号
リーダー:フロロ0.8号
ジグヘッド:0.8g~1.2g
その他 この日はアジキャロスワンプ、ギョピン、アジアダーのローテーションで釣りました。

今回は新しいロッドテストにアジングに行ってきました。今シーズン初のアジングなのでそもそも釣れるのかも少し不安ながらも釣り場を周るとアジのボイルを発見!取り敢えず投げてみると反応が無い。このポイントではダメなのか?と半信半疑で二投目。リトリーブ中に「コンッ!」とハッキリしたアタリ!すかさず合わせると中々の引き。エステルの細いラインを使用していたので余り無理もできないので、少しドラグを出しながらのやり取り。上がってきたのは25cmクラスの良型!未だ9月に入ったばかりなのに上々の滑り出し。すっかり一尾目のアジに夢中になってしまったが魚がいる事が分かったのでインプレッションを開始。2匹程追加したところでジグヘッドを少し軽くしてみる。引き感がある所のノー感じになる所を探りながらふわふわとリトリーブしていると「ガツンッ!」と乗ってくる。少し感度が悪いかな?!と感じながらもノリ自体は非常に良い。徐々にジグヘッドを重くし1.2gにしてみるとアタリが遠のきだしたのでポイントチェンジ。しばらく歩いて探していると良さそうなボイルを発見水面を意識してやや速い目にリトリーブしてくるとアタリがでるが乗らない・・・フッキングの間が無い感じなのでリトリーブからフォールを入れてみると狙い通り「コツッ・コツッ」とアタリ!しっかりフッキングすると少しサイズダウンして18cm前後のサイズが上がってきた。その後もワームのローテーションで様子を見たりワームのアクションを変えたりしながら追加し18匹釣った所で終了しました。ロッドの感度とノリ、フッキングの良さ等バランスを取るのは非常に難しいと感じる釣行でした。今シーズンはアジのサイズも良いようなので暫く通ってしまいそうです。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: