筏チヌ&イワシ&青物

      265 views

先日、店のメンバーと本浦、海香さんの筏に釣行しました。

朝一でメンバーが小チヌをゲットしましたが、その後ボラは時折ダンゴをつついて

くれますが、オキアミのエサがほぼ100%残る激渋状態でお手上げ。

筏の廻りではイワシの大群が青物に追われて逃げ回っています。

こんな時は、ルアーを投げるのが最近のマイブームですが、この日は訳あってルアーは禁止です。こんな日限って、自分たちの筏の廻りはナブラだらけ・・・

仕方なく、イワシを釣って楽しみます。がサビキを入れてもなかなかかかりません。

マキエサでも足止めできないのがイワシ。回遊してきたのをいかに効率よく釣るか?

1476417703868

サビキは集魚板を付けた方が掛かります。

20161014_125931

1476417811388

コレが「まいわし」です。20cm前後の良いサイズです。

刺身・酢漬け・煮物など何しても美味しい魚です。コレはこれで楽しい!

その後は筏タックルでのイワシの泳がせで遊んでみました。黒鯛タックルそのままを使用するスリリングさがたまりません。(オモリなしで針のみです。)

イワシを同乗者が泳がせると群れに戻ろうと潜ります、そしてすぐに何やら重みが竿に、ハマチがきましたがすぐにラインブレイク。私も針にイワシを付け泳がせるとすぐにマダカがヒット。

イワシの群れの下には青物とスズキが群れているようです。針と糸のついた少し動きの鈍いイワシは食べごろなのか?イワシがいればすぐに食ってきます!これは面白い。またチャレンジしてみます。

後日船長から連絡が

1476415734460

竿を折られながらも75cmくらいのワラサをアクアリザスターで釣り上げたそうです。(渡船場前の湾内筏)

船頭「よー引いて楽しかったー」とのことです。

今年は各筏でシオ・ハマチ・ワラサなど青物が狙い目のようです。

橘でした。

 

 

 

 

 - 四日市店