銭洲遠征

   

スタッフ野平です。

久々となる銭洲遠征へ行ってきました。泳がせでカンパチ狙いで気合い入れましたがここ最近聞く状況は芳しくない話しでしたが行ってみないと何も始まりませんので何か変わっていることを祈ってチャレンジです。

土肥港に0時45分集合、船はおなじみとび島丸様。今回は遠征メインの忠文船長操船の11号船です。

icmage1

準備を済ませて離岸。銭洲まで約4時間ちょっとかかります。

船内は個別ベッドで快適!充分睡眠をとった状態で釣りスタートできるので意外と遠征は身体楽です。

6時20分ごろ銭洲に到着!着いて海をみた時点で潮の速さを感じるほどの流れとなっておりました(笑)風は西から10m位?波は無いので思ったよりも良い凪です。

imagggfhe1安全航海と大漁を祈願して御神酒を捧げてからスタートです。

舳先に立っているのが私です(笑)

まずはエサのムロアジ釣りから!

これはバリバリとれて投入開始の7時までには十分な数を取る事が出来ました。

小手調べに潮の陰になる島周りからスタート!

20992943_1461224220636551_3690542478762373770_n

投入→暴れない→アタリもない→回収。何度もチャレンジしましたがアタリ全くなく、駄目だ~って皆で嘆いている所に今回同行で初チャレンジのT様に遂にアタリが。結局これがこの日船中唯一の本命となったヒラマサをキャッチ(^^)/

T様、おめでとうございます(^^)/

この後もアタリの出たネープルスやヒラッタイ周りの潮のたるみで粘りますが同にも反応ないので移動。途中30分程ウメイロのお土産釣り。ちょっとやって10数枚釣ってお土産確保。

そして終盤戦は激流のダルマで勝負掛けました!潮流3ノット以上の潮の中、船長はしっかりと計算してポイントに仕掛けが下りる様に投入の合図を出してくれます。

水深30m程でもラインは70m近く出ていく投入もありました。潮上りするだけでも大変なアタックでしたが残念、今回は結果出ませんでした。

imagdfe1

帰港後T様・忠文船長と記念撮影(^^)/

思い出に残る一本となってくれたかな??

imagadse1

食べるのはとてもおいしいウメイロ、刺身、塩焼き、から揚げ甘酢あんかけ最高です(^^)/今回はこれだけでしたがまだまだチャレンジ続けます。良い日も悪い日もあるのが釣りですので、次回も激流チャレンジ頑張りたい。

imaghgfe1

 - 静岡池田店 , , , ,