土肥沖の真鯛

   

スタッフ野平です。

朝晩はずいぶんと寒くなり、日中は暑くもなく寒くもなくと過ごしやすい気温になってきました。

沖では石花海のヤリイカが絶好調ですが私はこの日も真鯛釣り。

イカは、12月や1月でも釣れることが多いので、それよりも最盛期の秋真鯛を存分に楽しみたいのです。

というわけで11月6日、この日も西伊豆土肥港・第十八とび島丸様で土肥沖へ出船。今回の動向は所属クラブ・湘南MCCの江口さんです。

i1452mage1

思ったよりも曇っていますが曇りはどちらかといえばプラス要因なのでOK。

ポイントは港真沖から開始ですが。。。。

一投目。いきなりのサバ地獄開始。潮も悪く、投入が揃わなかったりして遅れて投入したりすると即お祭り。おまけにサバ地獄なので巻き込まれれば大体4~5人分の仕掛けがもれなく一緒についてきます(笑)

船長も複雑な潮を読んだり、サバを回避したりと四苦八苦です。良くなる気配の全くない潮ですが真鯛はそれなりの反応が出ていました。うまく届けば、しっかり釣れそうですが。。。

船長も途中でわざと指示タナを下げ、また上げて、また下げてと一度真鯛の前にエサを持っていき、食い気を誘ってくれると、

imag7676e1

とりあえず850gをゲット。

しかし二度目は無し・・・とてもサバを交わせないので止む無く土肥沖から撤退。

大きく変わって田子島沖へ。

im9age1

のっ込みでも幾度となく挑戦する田子島沖。私は基本的に良い思い出がありません(笑)

苦手なポイントですがここでもやはりサバ・・

何とかサバを交わしても、下にはイナダが待ち受けているのでイナダの襲撃。真鯛ははるか遠くにといった感じでしょうか。

im78age1

イケスにはどんどんイナダが増えていきます!笑

ima58ge1

状況変わらないまま昼になり晴れてきて、より一層サバの猛攻がきつくなります。

宇久須あたりを境に北側は濁っていますが南側は澄んでいて食いも悪く、サバが食わないところでは他のものも食わないのでしょうか(汗)

 

imag9657e1

景色は抜群に綺麗です(^^)上の写真、左端が小下田 廻り崎。後ろにうっすらと富士山が見えます。

最後は思い切ってサバの猛攻覚悟で土肥に戻りましたが見せ場なく、終了。

 

imag8766e1江口さんも今回は撃沈です。。。

ima441ge1結局私は朝釣った850gが最大魚。枚数は3枚、イナダが4本、ショゴ1本とイナダ五目的な釣果となりました(笑)

反応は所によってですがかなり出ていました。潮直って、サバが減れば爆釣ありそうなのですが。

潮代わりを狙ってまたチャレンジしてみます。

問い合わせ:とび島丸 0558-99-1091

 - 静岡池田店 , , , , ,