伊豆半島最南端のウキフカセ

      230 views

池田店鈴木です。例年ですと南伊豆の各磯ではそろそろメジナは終盤を迎え、替わってイサキがウキフカセの好ターゲットになるシーズンとなりました。各船宿さんの釣果情報を見ていると、幾分水温上昇が遅れ、例年よりイサキの釣果はまばらではあるものの、コンスタントに釣れている様子。それなら!っと、毎年恒例となりつつある、私にとっては仲良しメンバーで、これまた毎年恒例となっている、磯イサキと言えばここ、石廊崎の宮島丸さんにお世話になり、イサキと、そしてあわよくば少々遅れ気味なメジナも狙って行って参りました。

まず、戸塚さんと服部さん二名が大根小島へ、石廊崎では言わずと知れた超一級磯です。私と保田さんが渡礁したのはその本島にあたる大根、伊豆半島最南端の石廊崎灯台の更にその南側に位置する、文字通り最南端での釣りとなりました。前日来のウネリが幾分残り、磯の周りはサラシが大きく、釣り辛い状況でしたが、ウキを替え、オモリを追加し、サラシを避けて遠投するなどして、なんとか13尾のイサキと3尾のメジナをキープすることが出来ました。

 小島に渡礁したお二人は、磯が良すぎたのかメジナはほぼ入れ食いとなるものの、イサキは姿を現さなかったとのこと。お土産には事欠かない石廊崎釣行となりました。

石廊崎ではまだまだ6月下旬まで産卵を控えて脂が乗ったイサキを狙えます。ぜひ!DSCF2527s

 - 静岡池田店