ヤリイカ メタルティップラン

      99 views

日本海でヤリイカが釣れだしました!

 

さっそく釣行したいが、なかなか出船できる状況が来なくて・・・

 

敦賀の船は出船見合わせたのですが、小浜の雲丸さんへ行ってきました。

 

16:30出船して約1時間

ポイントは小浜沖ってところでしょうか?

 

今回は今までのイカメタルと違い

超先調子(9:1)くらいの竿を使いお助けを2個使用する

話題の釣法「メタルティップラン」を試してみました。

 

と言っても、まだ竿も発売されていませんので、今回は家にあったカワハギ竿で代用しました。

専用竿の方が短くて操作性も良く金属穂先なので感度も抜群かと思われます。

 

仕掛けは専用仕掛も発売されるのですが、まだありませんので、代用として

こちらの一番上をウキスッテに交換して使用しました。

ドロッパーの数が決まっている船もある為、あらかじめ使用される前に船長さんにご相談ください。

鉛スッテはメタラーの20号を使用しました。

IMG_1418

 

釣り方は底まで沈めて、5~10回シャクリ上げた後ピタッと止めて穂先のわずかなアタリを掛け合わせていきます。

その時合わせても乗らなかったら、シェイクを入れてまたピタッと止めてアタリを掛けていきます。

超先調子なので先しか曲がっていませんが、小さいアタリが本当によくわかります。そして掛けた時の満足感もいいです。

 

そうこうしていると

マイカ釣れました。

マイカは誘いにすごくいい反応をするので、シェイク後のアタリが多かったです。

 

そして今日の本命の

ヤリイカゲットです。

底付近にてシャクリ後の長いステイにきました。

やはりプラヅノ強し!

ウキスッテやメタラーにはマイカ

プラヅノにはヤリイカが乗る場合が多かったので状況しだいで変更してもいいと思います。

 

しかし!

 

釣れたイカをチマチマ巻き上げていると、タルイカに襲われます。しばらくもてあそばれた後ボロボロになったマイカが上がってきました。もったいない。

しかも、仕掛フォール中に何度もタルイカがメタラーにアタックして仕掛ロストもあり。

でもゆっくりやりとりすれば、

このサイズ!

 

その後もタルイカをかわしながらの釣りを展開しますが、

タルイカ退治中の雲丸船長

IMG_1417

この後、大物との練習だよ!っとタックルを託され

またタルイカです。

最終的にはそこらじゅうの生簀にタルイカが・・・

 

そして終了30分前には最後の時合に突入!

マイカのダブルやヤリイカとマイカのダブルもありました!

 

そして最後の最後に

船長の掛けたタルイカと力比べして終了しました。

 

タルイカ釣りみたいになってしまいましたが、

メタルティップラン楽しい釣り方です。

ぜひお試しください。

 

 

 

 - 一宮店 , ,