釣果情報

2024.03.27

愛知アジング、狙えばまだ釣れます!

 410 ビュー

釣りチーム愛知エリアから中山がお送りいたします!

渥美半島から知多エリアまで、ライトソルトをメインとして活動していきますので宜しくお願いします。

さて、初回投稿から、早速ですが非常に厳しい状況になってきました。でもまだ狙える、知多でのアジングです。

ターゲットになるアジのサイズは15cm~20cm程、満潮前後が狙い目ですね

ジグヘッドはodzのレンジクロスフックSSにアルカジックのバイトシンカーを噛ましたものを使用しています。愛知エリアでオールシーズン使いやすいフックサイズ、シンカーもスリットが中心に入っているので、自作したときにバランスの良いジグヘッドになるのでオススメです。

IMG_6461

ワームは今話題のreins魚卵フレーバーシリーズより、チビキャロスワンプを選択カラーは、魚のリアクションの早いグローオキアミパワー

IMG_6462

今回は干潮からの上げで、水深が浅かったので、0.4gジグヘッドで表層から順番に探ってみました。前回の爆釣とは打って変わって、メバルすら反応が無く、潮目を狙って細かくレンジを刻みながら、がまんの釣りになりました。

図1

底から50cm~1mラインでアタリが出てきました。キレイなアタリが出たの合わせると、何とか16cmのアジが釣れてくれました。昨年の残り個体なのか、長さの割に、体高の低い鯵でしたが、何とか釣れてくれました。その後も、同様のパターンで数匹追加して終了となりました。他のカラーも試しましたが、明確なアタリが出たのは今回魚卵チビキャロだけでした。渋~い時に臭いで寄せられる、それでいて、手には臭いは付かないので、タックルボックスに1枚入れて置きたいですね。

※臭い自体は強烈ですので、袋から出して他のワームと一緒に保管するのはオススメできません

次回は、引き続きジグ単で残りアジを狙うか、近場でのキャロメバルに挑戦してみようと思います。