ショア チニング

2024.04.16

浜名湖でチニングが熱い!

 533 ビュー

『チニング釣行ブログ、ショアソルトチームの豊橋店 宗雪です!』

4月入り浜名湖でシーバス、キビレが絶好調に釣れております、4月13日仕事終わりに奥浜名湖にプラグでのチニングに行ってきました!豊橋店スタッフの他のメンバーも好調にシーバス、キビレ、黒鯛を連日釣り上げております、まずは黒鯛、キビレ狙いでカキ瀬が点在しているエリアにポイントを絞りルアーを投げてみました、まずは邪道のスーサンを投げ少しゆっくり目にルアーを巻いてると数投目でアタリがありキビレがヒットしてくれました。スーサンはあまりグリグリ潜っていかずスローシンキングのミノーで奥浜名湖の水深に比較的マッチしたルアーで、サイズもシーバスもチヌ族もどちらも狙いやすいサイズ感となっております、取り分けシンペンに反応しない時はスーサンをゆっくり目に巻くと良く釣れます!

qPufUSSKKy3UOyK6yPWw-bhd4eu3Za5AXaDagxCKEmuEVQfduExYkZrlvZQ_F-IVx3n1bYKCHLKCg6mSLp9cDIP042wfsP1P6VDD9qv7hQZaUdB5KRhV0cUAR_G3eByYdWH1GW1Hzzc1ZjJIrpDCnQ==

06

その後は、スーサンに反応は無くなったのでエバーグリーンのコルセア65にチェンジして少しゆっくり目に巻いていると数投げで再びアタリがあり、キビレを追加する事が出来ました、コルセアはこの時期の浜名湖の定番中の定番のシンキングペンシルです、65mmとシーバスもチヌ族もどちらも狙い易サイズ感で、クロストリガー等のシンキングペンシルと比べると沈みが少し遅いので、ゆっくりチヌ族に見せて食わせる事が出来るのが強みで、スーサン等のミノーと比べる飛距離が出るのでより広範囲を探れます。

aipJiTzLX9TEBGXABSj4LUGj6GLIfJGGaecW7FgFs1QJmE3sgrj3UdC5pX0waUNiPFSvapKNXUtTgGfAzbu7INkO-zshp1wj28jWAX-lcv4-KTEEItjm5m4UnzS9-XgmkCPUNF5rJUTpUxwFl42Qjw==

imageresize

浜名湖チニングをやっていて感じるのは、その時のベイトの種類や水深などの状況によって、シンペン系とミノー系で明確にアタリの数に差が出るので各種ルアーを状況に合わせてローテーションしてあげるのがオススメです!

タックル:竿:シマノ ディアルーナ96ML

     リール:シマノ ステラ C3000HG

     糸:PE 0.8号 ショックリーダー4号(16ポンド)

     ルアー:邪道 スーサン、エバーグリーン コルセア65