スタッフ釣行レポ

鳥羽沖スーパーライトジギング

鳥羽沖スーパーライトジギング

釣行日2020年07月30日

天気曇り

店舗伊勢店

 170 ビュー

アングラー 橘 秀夫
エリア
場所 石鏡 ミスターこうじ
釣りジャンル
釣果 ハマチ

鳥羽石鏡のミスターこうじさんで、SLJ(スーパーライトタックルのジギング)を楽しんできました。天候は曇り空で涼しい中、すぐに湾内のポイントへ水深20m前後、ジグはトーキチロー40g(タングステン)同船者がすぐにハマチを上げます。来るかな?早巻きストップでガツッと瞬間にテンションが無くなる、、、サワラにやられる。リーダー5号ではひとたまりもありません。先糸20号20cmをつけるがその後音沙汰なし。太糸を付けるとどうもジグの動きが悪い?のか食いが悪い?腕が悪い?

ポイントが変わり、同船の方々がヒラメやキジハタや真鯛などが上がります。早巻ストップで狙うとドンときましたハマチ、さらにもう1本。底取りすると根掛りが激しいのでカウントして底から少し上でアクションを始めます。この日のポイントは15m~30mが中心、ジグは40~60gがメインで使用しました。ラストポイントではブリを上げられる方も見えて、ライトタックルでのやり取りが楽しそうでした。サワラや鰤も狙える鳥羽のSLJはなかなか面白い。ライトタックルなので女性アングラーでも手軽に楽しめるところがこの釣りの魅力ですので是非チャレンジしてみて下さい。

絞り込み検索

カテゴリ