スタッフ釣行レポ

志摩のほっぺ毛丸様にてカツオキャスティング

志摩のほっぺ毛丸様にてカツオキャスティング

釣行日2024年05月03日

天気晴れ

店舗WEB店

 79 ビュー

アングラー web店 村木
エリア
場所 志摩
釣りジャンル ,
釣果 カツオ ビンチョ

志摩のほっぺ毛丸様へキャスティングへ行ってきました。前日から同行者たちはキハダ?メバチ?パヤオ行く?などとソワソワ。当日スタートは潮目を探りながらのキャスティング。
トップで狙うメンバーもいましたが私は手堅くジグでスタート。フラッシュメタボTG40gフルシルバーにケイムラ塗料を少量散らしましたもの。フックはスモールジグパワーアシストをフロントのみつけました。
着水から5秒カウント程度の範囲では反応がない。トップで狙うメンバーにもでない。であれば沈めよう。と思いフルキャストして放置・・・20秒以上放置して糸が止まったので巻きながらチョンチョンと軽めにアクションを入れるとヒット!そこから魚が浮いたのか他のメンバーにもヒット。着水直後のヒットや船べりでのヒットもありました。
そこそこにお土産のカツオを確保できたのでパヤオへ移動。カツオを狙うもトップにはおらず、少し下の50~70mほどで釣れている様子。万が一も考えて、トンジギタックルで150gのジグをセット。150mほど糸を出してしゃくるを3回ほど繰り返し、水平から下に40度くらいの角度で糸が斜めに出ている状態にします。これなら150m出した状態でおそらく70~80m程度だろうと思い、軽めのシャクリを入れていくとゴンッと気持ちのいいアタリ。
カツオ狙いの私は大型のカツオと思い込みながらやり取り開始。途中おかしいなと思ったころには姿が見えはじめ、上がってきたのはビンチョマグロ。人生初のマグロは中トンサイズでした。使用した竿はクレイジーオーシャンのオーシャントルクトンジギ。魚がかかってから良く曲がり、粘りとるような竿となっており、プレイヤー側の負担が少ない竿となっています。
魚の反応は多いのですが、なかなかまとまらずナブラは少ないようですが、これからどんどん良くなっていくと予想されます。志摩沖のキャスティングゲーム、挑戦してみてはいかがでしょうか?

投稿の削除、違反報告等お問い合わせはこちら

この店舗のブログ

絞り込み検索

【絞り込み検索の使い方】
「月別」「エリア」「ジャンル」を組み合わせて検索したい場合は、先に「月別」を選択してから、その他の項目を選び「検索する」ボタンをクリックしてください。

カテゴリ