2018.07.07

こんな釣りもします!?~6月、7月編~

 1,416 ビュー

しばらくブログ放置になっていました。スイマセン(汗

今回は只の近況報告です。

(だって最近時化続きで沖に行けないし~)

 

まずは皆さん大雨対策取られてますか?くれぐれも無理は禁物ですよ~!!

 

さてさて6月は社内でバス釣り大会があったのでそちらに参加してました。一応プラなるものにも行ってきたのですが・・・

バスボートをレンタルしてすっごいやる気なんですが、まあぁ~釣れません!!(笑) スピードが出るバスボートに乗るのが楽しいだけで終わっていくパターンで・・・

んで、大会の日は大風。琵琶湖に通ってられる方なら良くお分かりかと思いますが、南西の風で南湖が白波立つ程荒れてました。となると、釣り自体できる場所が限られてきます。そしてウネリを伴うような波が出てくるとバスボートといえど移動が危険になってくるので 中々思うように行かず・・・ただ、流石にフィッシング遊の各店凄腕メンバーこんな悪天候でもしっかり魚を持ってきます。

まあ私はノーフィッシュを免れる為の申し訳程度な小バスを釣っただけでしたが・・・

 

そんな年に数回のバス釣りチャレンジも終わり「さあ!キャスティングだぁ~!!」と思っていると時化。時化。時化。

ホント大雨と大風、台風やら熱帯低気圧やら邪魔ばっかり(泣)

ですが、転んでもタダでは起き上がりません。以前もブログに書きましたが荒れた天気でも何とかなる所がある!って事で筏釣りに行ってきました。

そう!前回ヒラメが釣れたあの釣りです!

 

「そうそう柳の木の下にいるハズ無いじゃん!」

 

と思っている皆さんのご期待を裏切るようで申し訳ないんですが今回もやっちゃいました!

49cmと53cmのヒラメをゲット!

後はグレやらチヌやらヘダイにアジ・・・etc.

今回も一日中アタリっぱなしで楽しませてもらいました。前回は黒鯛狙いのタックルでたまたま掛ったヒラメでしたが、今回はガッツリ狙ってきました。

と言っても専門のタックルというわけではありませんが、私が業務上携わっている竿「アンロックシリーズ」のテストサンプルを使用したアレンジです。

製品版の名称は

「アンロック オールマイティ742f」

です。この竿は鯛テンヤ、イカメタル、キャスティング鯛ラバ、ティップラン等特化はしていないものの何でもこなせるといった調子に仕上げた竿で特にレンタルボート等で浅場の釣りをする時に重宝してます。

そんなバリバリなソルトルアーロッドですが、今回は活き餌を付けた泳がせ釣りに使用しての試みでしたが釣果はご覧の通り!

バッチリゲットできました!

エサとなる小サバは玉網で掬える程いるのでエサは現地調達。ヒラメの仕掛けと10号程度のオモリで釣り座の脇に投入。

しばらく様子を見ているとエサにしているサバが元気に泳ぎ回っている。やはりイカメタル用に穂先をセットしているので感度は抜群!

そうこうしていると穂先が止まった。

時折ゴンッ・ゴンッ!と叩く・・・これってもしかして・・・

ヒラメ40って言うし・・・と思いながらダンゴを打ち返していると穂先を押さえ込んだまま動かなくなった「しめしめ」と思いタモを用意。竿を持ち変え少し聞いてみる「重いじゃん!!」って事でフルフッキング!!がっちり鈎掛りもした様子でファイトに入る

ファイトの様子も写真に収めたかったのですが、一人で筏に乗っていたので残念ながらございません・・・

 

鯛テンヤで4kg、5kgクラスの真鯛もキャッチしている竿なので余裕のやり取りで上がってきます。

で上がったのは53cmのヒラメ。

今回も狙ってはいたものの思わぬ高級魚ゲットにテンションが上がり満足の釣行でした!

 

全く別の話ですがよく○○○の竿とか○○○専用のタックルとか聞かれますが使うのは釣師の自由です。過剰な負荷をかけたりすれば当然折れたり壊れたりもしますが、使い方によっては思いがけず好釣果に恵まれる事もしばしばあります。今回はその典型的な例だと思います。

*ちなみにリールはアオリマチックにアオリヤエンEX3号(フロロのヤエン用の糸です)を巻いていました。(笑)

これからのシーズン気難しい黒鯛もいいですが、色んな魚が寄っている場所で色んな魚を狙ってみるのも楽しいですヨ!

 

まだまだ雨続きそうですね・・・いつになったら沖に行けるのやら・・・