2022.07.28

クラブカイトさんでベイチヌ!

 201 ビュー

四日市の「クラブカイト」さんでベイチヌの取材に同行しました。

詳しい釣りの内容は後日放送される「フィッシングポイント」

を見て頂くとして、直近今行ってどうなの?!

と気にされている方にご報告。

正直行くなら今っ!って感じ。

良く釣れます。

私も船からの落とし込みで狙うチヌ釣りは今回が初めてで、いきなりテレビ出るってなってかなり不安でしたが、やってみるとかなり面白い!!

そして、アタリの数も多く何より掛かってくる魚のサイズが良型揃い!!

それもそのはず、船長が良い場所へ案内してくれます。(笑)

で実際釣りしてみるとこんな感じ・・・

7月26日チヌ

割とビックリするほど直ぐに釣れました。

エサも事前に船長が用意しておいてくれるので、ロッド、リール、ハリス、鈎、オモリがあればOK!

今回私はエギングロッドでやってみましたが中々に快適!リールは#2500、#3000クラスにPE0.8号から1号位が巻いてあればOK!その先にリーダーとして3号位のハリスを1m程結びその先にチヌ鈎の4号、5号を結びガン玉の2号から2B位のオモリを付ければOK! (まんまエギングのタックルです。)

エサの付け方なんかは船長が教えてくれますが、カラス貝が数粒繊維で繋がっている所を適当に縫い刺しするだけで良いのでエサ付けも驚くほど簡単です。

アタリは糸が全く沈まなくなったり(止まったり)、急激に沈みこんでいったりと変化が起こります。

そーーっと利いてみて重みを感じればしっかり合わせてあげればOK!です。

そして次の瞬間から強烈に締め込んできます。

今回私は3発もバラシてしまいました。(泣)

それでも何とかキャッチできたのは今回使用していた「タナロアエギング」のおかげ。

実は最初ソルト用のベイトフィネスタックルでやってみたのですがやり取りの途中で切られてしまうのが続出。そこで取り出したのが「タナロアエギング」

やはりパイル等の障害物をダイレクトに狙っているのでこの竿位バットパワーが無いと潜られてしまいがち。

上手く躱せると・・・

7月26日四日市チヌ

こんな良型のチヌがキャッチできます!!

 

朝方の時合を上手くつかめば結構数を伸ばせると思いますので興味のある方は一度チャレンジしてみては?

 

ーではっー