2022.11.10

三重県ショアソルト ハタゲーム南下編

 157 ビュー

どっぷりハタ沼にハマってしまい…、ホームグラウンドの海域は少し水温の低下が進みつつあるだろうとM師匠と相談して、尾鷲熊野方面へ南下することに!

 

 

流石に南国ムード♪

ハイビスカスも元気に空に向かって夏のイメージを維持してくれてました。

DSC_0933~3_copy_2250x2250

 

 

 

 

ハタゲームで、行ったことのない場所を師匠とラン&ガンしながらテリトリーの拡大と良型ハタを探す為に走りまわります。

M師匠の良型オオモンハタです、いろいろまわってベイトの溜まっているワンドでの1本!

師匠もご満悦のワンショット!

DSC_0935~2_copy_2250x2250

私も良型のオオモンハタを釣り上げ楽しい♪楽しい♪時間を過ごす事ができました~!

堤防ハタゲーム感を演出するため岸壁のピットに魚を置いて撮影しています。モチロン早朝なのでピットは冷えていて魚のダメージは無いよう配慮しました。

DSC_0928~2_copy_2040x2040

良型といっても25㎝程の魚体です、ハードロック専用のタックルであれば少し抵抗する程度で釣り上がってしまいますが…

DSC_0917~2_copy_1626x1625

ロッドは6.5〜6.8フィートの長さでウルトラライト〜ライトクラスのパワー、0.4号のPEラインに8lbクラスのショックリーダーなので20〜23㎝位のオオモンハタがちょうど良いバランス!

そのため25㎝を超えてくるとヒットからキャッチするまでのヒリヒリ感はハンパないのです!!!少し油断するとスグに根に持っていかれラインブレイクしてしまいます。

DSC_0924~2_copy_2250x2250

エギングロッドをお持ちのアングラーは、一度6〜10gのシグヘッドとシャッドテイル系のワーム(サイズ:2.5〜3in)でエギングの合間に試して見てほしい!

衝撃的なバイトが刺激的なので…、感動されると思います。

DSC_0920~2_copy_1947x1948