2019.04.14

乗っ込みの土肥沖

 473 ビュー

野平です。

すっかりご無沙汰してしまいましたが真鯛釣りのシーズンがやってきたので張り切って釣行しています。

4月頭より私の通う西伊豆土肥港 第十八とび島丸では乗っ込みの群れが入り始め、型も平均良く好調が続いています。

気合い入れて挑みましたが船中釣れていても私は釣果振るわず、イマイチな結果ばかりで終わっていました。

4/1 堂ヶ島沖で良型多いも私は・・・

700g級(笑)数は7枚でしたが全て放流してきました(‘_’)

4/8 湘南MCC例会で朝雨が降り、曇天でそこそこの食い日でしたが、、、

1kg頭2枚・・・(*_*)

実は昨年12月よりスタイルを変更。これまでは完全手持ちのスタイルでしたが逆を学ぼうと完全置き竿スタイルにかえて乗っ込みに挑んでいました。

手持ちの時とは考えることが違うため、いい勉強になったのですが良い時に型を伸ばすことが出来ず悩みは尽きませんでした。

どうも予定よりもコマセの中に入り込み過ぎている様で、置き竿でのアクションに間が足らず、小型が多くなってるようです。

4/12 今日こそ決めてやると今季乗っ込み3度目のチャレンジに出かけました。

朝から雨が降り、曇天の絶好の真鯛陽気。北東風が強く吹き、投入や手返しにやや難ありですがこの辺りは流石に慣れているのでトラブルなし。

この日はとにかく高目のタナを意識して要所要所置き竿もしますがここぞと言うタイミングを計って食わせに行く本来のスタイルも使って行きました。

とにかく高目高目で反応の一番上を釣るよう心掛けて積極的に食わせていくと、

最近の不調を振り切る3.5kgが来ました。

結果この日は3.5kg頭に5枚。しかしバラシ3発、すっぽ抜け1発(+_+)

合わせのタイミングとやり方を要修正ですね(_ _)

とび島丸の土肥沖真鯛は絶好調で釣れています。大型19tフル装備船での真鯛釣りはオマツリ等トラブルも少なく快適釣行を約束しています。

真鯛釣り師のお祭り的シーズンですので、是非出かけて下さい。

釣り方や真鯛釣りの基本的考え方が先日のつり丸の取材で詳しく紹介されていますので、良かったら覗いてみて下さい。

https://tsurimaru.jp/articles/2094

↑つり丸 西伊豆・土肥沖乗っ込み前線接近中のマダイ!釣り方教えます「図解」

 

私は引き続き乗っ込み真鯛一本で釣行していきます。一つ一つの課題をいかにクリアしていけるか。次回も頑張ります。