2022.05.14

伊勢湾サワラキャスティング! 特大浮上!!

 440 ビュー

伊勢湾サワラキャスティングに行ってきました。

 

今回も四日市の「すばる丸」さんにお世話になりました。

夕まづめのサワラキャスティング便という事で15:00に出船。

生憎の雨模様でしたが、「サワラの活性はきっと高いハズ!?」と思い込みいざっポイントへ!

実はこの日の午前便で事件が発生!

なんとっ!

ブレード系のジグで真鯛が上がったという・・・

船長から直接聞いたが、にわかには信じれない。

って言うのも、私もこの地に40年以上住んでいますが、そんな話を聞いたのは初めてで、しかもそのポイントが自宅からすぐ近所らしい・・・

「マジカ・・・」

と、思いつつ新しいルアーを買いに行く時間も無かったので以前スーパーライトジギングで使用していたフラッシュアシストBT(ブレードチューン)をそっと忍ばせておきました(笑)

 

さて、ポイントに到着後いつも通りミノーで様子見。

船で近づくと直ぐに沈んでしまうような鳥山とベイトボールはいくつも目視で確認でき、いつ釣れてきてもおかしくないような雰囲気はムンムン!

が、以前からよくサワラを仕留めている「サイレントアサシン」にはイマイチの反応・・・

 

何投かした後、そう言えば・・・と思いだしたかのようにジグをセッティング。

使用したのはもちろん

 

当店オリジナルFunTooL ジグミノー

サイズは30g シルバーカラーをチョイス。

そこに急遽忍ばせてきたフラッシュアシストBTを装着。

そこにタイミングよく小さ目のナブラが出現。

勿論、即キャスト!

で、ピンポイントにジャストで入る。

糸ふけを回収し、ワンジャーク目で

「ドスンッ!」

とストライクッ!!

ドラグを調整しながら慎重に寄せてきたのは良型のサワラ!

5月13日ルアー付サワラ

写真でも分かるようにサワラの歯でリアフックのケプラーが切れてしまいましたが何とかタモ入れに成功しました。

とりあえず無事1本ゲットできたので少しルアーをいじってみる。

運よくボックス内にトレブルフックの予備が有ったのでアシストフックの部分はこれに交換。

こんな感じ

5月13日ルアーのみ

さて、これで切られる心配も無くなったのでナブラに打ち込める!!

てなことで再びナブラの中へ!!

同船していた周囲の人達もワラササイズを次々とヒット!!

そして私も再びヒット!

今度はジグのフォール中に糸を止めてくるようなアタリ!

すかさず糸ふけを取り臨戦態勢。

周りの様子から察するに私もワラサだと思っていたら見えてきたのは

銀色の長い奴。

無事ネットに収まったのは

5月13日サワラキャッチ

こっちも良型のサワラ!!

 

これはひょっとして新たなパターンを掴んじゃった?!

検証するべくミノーを投げてみる。

運よく通りすがりのサワラがジャンプしてきたのでそこをジャストで通してみると

「コツコツッ」

と当たって終了。

さっき釣った時より明らかに条件が良いハズなのにヒットしない。

 

(釣れない理由はまたどっかのタイミングでブログにでも書きます)

 

今日は2匹も釣れたし家のおかず分は十分だし新たな可能性の検証もできたのでヒットパターンのジグセットに戻し様子を見ていると

船のすぐ脇からボイルし始める。

丁度投入した直後だったがよくよく見ているとベイトが何匹かルアーを投げた方向へ向いて泳いでいくのが見えたので高速で巻いてルアーを水面から飛び出るようにアクションし、

ルアーが水面を割るその瞬間

 

「ガバガバッ!!」

 

と激しくバイト!次の瞬間ドラグが一気に引き出されていく。

至近距離だったので当然と言えば当然ですが、それにしても大物の引きだと感じる。

慎重に寄せるべく一進一退のやり取り。

やっとの事で水面に姿を見せてきたのはそれまでのサワラより一回り大きいサワラ。

5月13日サワラ大ルアー

雨模様で綺麗に映ってはいませんが、約6kg 1m超の大型サワラ。

この魚を釣って暫くした後納竿。

昼から出て来て大型サワラ3本と出来過ぎな釣果に満足しポイントを後にしました。

 

この日はワラサを含めれば全員キャッチと釣果にも恵まれ天候が悪かっただけで魚の活性は非常に良かったです。

全体釣果

5月13日全体釣果横

 

最後に悪天候で視界が悪い中これだけのナブラを当ててくれた船長有難うございました!

挑戦してみたい方はコチラ

すばる丸船長連絡先:090-6950-0802 まで!

 

この感じだともう一回・・・

いや、直ぐ行くな・・・

多分・・・(笑)

5月13日サワラ2本持ち

W持ちしたいもんね~

 

ーではっー