2019.10.19

土肥~堂ヶ島沖の秋真鯛

野平です。

運よく出船チャンスが回ってきたので台風明けで状況の分からない中でしたがとび島丸十七号船で真鯛釣りへ。

朝から予報晴れって聞いてたんですが、、、なぜ雨?

カッパ持ってないし・・・

早朝よりビタビタで開始です・・・。

なので全然写真も撮れませんでしたが、朝一の宇久須真沖の森合わせはサバとソーダの猛襲で早々に撤退するも南下した堂ヶ島沖中心にいい反応でとにかくこの時期は数が出ます。

途中からはほぼ入れ食いですね~。

新調した剛樹 インビクタマダイT2 255はこれまでの真鯛竿とは比較にならない圧倒的感度と操作性を持っていますので、前アタリは勿論付けエサの操作感もこれまでとは全く別次元です。

写真有りませんがこのほかにイナダ多数、1KG級カンパチ5本、ハタ一枚釣ってます。

秋のコマセ真鯛釣りは本当のコマセ釣りの基礎基本。

自分でコマセを振って、そのコマセと付けエサの同調。

後は仕掛け張ってコマセの中で待っていればアタリは出ます。

変に仕掛けのバランスやビーズ等考えないで、しっかりとコマして張り込むことに意識を集中しましょう。

あとこの時期からはカッパは忘れずに!!!

雨予報じゃなくても雨降る時はあります!笑

風邪ひかなかったからよかったですが一日中震えてました・・・

 

問合せ:とび島丸

0558-99-1091