2024.02.12

大人気の管釣りサンクチュアリ

 79 ビュー

最近海が荒れたり、ちょっと釣りに行きたい時にこの時期よく行くエリアトラウトが楽しくなってきた名古屋北店鈴木です。

先月1月にもフィッシングサンクチュアリさんに遊びに行ってきました。ここ最近の管釣りブームで駐車場はいっぱい大盛況ですね。

このフィッシングサンクチュアリさんでは、主に3つの池があり、シーズンや状況によりオープンしている池が異なります。大体毎年この冬のシーズンは管理棟のすぐ前の第1ポンドと第二ポンドの2つの池がオープンしており、それぞれ特徴の違う2つのエリアとして楽しめます。もう一つは夏の高水温に強い湧き水を利用した山の上の第3ポンドが夏限定でオープンしています。

IMG_5700IMG_5699

第1ポンドは水深が深く中央に浮き桟橋があり、様々な種類の小型から大型まで色物も多く入っています。

IMG_5697IMG_5698

第二ポンドは主に小〜中型のニジマスをメインに放流量が多く数釣りの腕を磨くのに最適なエリアとなっています。

この日は昼からの出撃で着いて早々にレストイン(笑)ここの楽しみ方の一つとしてズバリランチが美味い!良い雰囲気のログハウスで頂くカフェランチが絶品なんです!今回はフィッシャーマンランチ(マスフライ)を頂きました。フワフワサクサクのマスのフライと深い旨辛のカレーが堪らん!思い出すとまた食べたく、いや、釣りに行きたくなります(笑)

さて、ランチを満喫して釣り開始。第2ポンドからやりますが、流石に朝から満員の人気ポンド、魚もルアーを見飽きてる感じ。それでも丁寧に探れば釣れます。1g前後のスプーンで頻繁にカラーチェンジ。それでもダメならミノーやボトム系をトゥイッチしてリアクション狙い。パターンにハマるとバタバタとヒット。この答え探しのような繊細な知恵比べが管釣りのハマる魅力ですよね。

IMG_5455IMG_5456

夕方前になり、水面のトップに反応が良くなってくるとやはりコレ。ミッツドライの独壇場に。もちろん他のルアーでも釣れますが、このルアーの水面での動き、魚の反応はやっぱりいいですね。魚がルアーの下を見に来ては止め、見に来ては止め、どうしても気になって飛び掛かってくるのが丸見えで人間のテンションも爆上がりのアイテムで大好物です!

Mitts SR-DRY / ミッツSRドライ

そんなこんなで今回も気付けば夕暮れ、終了のチャイムが鳴り釣場の写真を撮って終了しました。また遊びに行きたいですね。

IMG_5457