2019.10.18

琵琶湖の濁りにはマグナムクランク!

しばらく行けてなかった琵琶湖へ~~♪♪♪

水温も急激に下降していき現在の木浜沖は20度となってきました!

風も穏やかで適度な濁りも入っているので、これは苦手な巻物を貫き通すには

絶好のコンディションと思いマグナムクランク縛りへと湖上でプラン変更!!

最初はやるき満々でダウンショット投入の予定でしたが…

 

 

 

 

ポイントは定番でもある木浜沖3ⅿ~3.5ⅿを魚探とみらめっこしながら

ベイト反応と適度なウィードを探して流していきます。

 

この日はKVD8.0をメインに使用してきました。

使用ラインにもよりますが16lbで3ⅿほどの潜行レンジだと思います。

高速巻きからウイードタッチさせ、ほぐして浮上!を繰り返しとにかく巻きまくっていると

ほぐしアクション直後にドンとデカバス特有のバイトが!!!

しばらくやりとりした後なぜかフックアウト…..  悲しすぎる…..  ええサイズやったのに……

 

気持ちを入れ直し巻き巻きしていると、高速巻き後のストップアクションにバイト!!

 

 

 

 

 

 

 

47㎝のコンディションの良いバスでした~~~~

その後はウロウロと魚探かけながら新たなポイント開拓を行い、良さそうなポイントで

マグナムクランク投げますが反応なし!

 

南へ下り、今は無き6本柱付近にあるフラットなポイントを流しますがヒット無し

ただいい感じのベイトの群れが入ってきますのでタイミング次第でいい釣りが出来そうです。

もう少し水温が落ちたら良いかもです!

 

濁りが入った琵琶湖はやはりクランクなどの強波動なプラグがおすすめですね!

ガイドさん達も4ⅿ前後のクランクでよく釣っておられます。

巻物チャレンジは今がチャンスですよ~~~