2018.07.20

群れは突然やってくる!!~その6~

 1,455 ビュー

皆様ご無沙汰しております。

今回は久々にこの表題で帰ってきました(笑)

7月16日といえば「海の日」!!

海の日に沖へ出ないのはウソでしょ!?って事で実は急遽釣り仲間のチャーターにお邪魔させて頂きやってきましたよ~キハダキャスティング!!

しかも船はあの速くて綺麗な「へいみつ丸」さん・・・この酷暑の中キャビン内はエアコンが効いており快適に釣りができる装備があるのは本当にありがたい!! で、ちょっとセレブな気分で一路#2パヤオへ!!現場に到着すると既に僚船、ハネ釣り(鰹の一本釣り)船、ケンケン船が操業してます。

DSC_2357

画像は#2パヤオとテンヤ丸さん。

時折単発でマグロのボイルが見えるものの中々キャスティングのチャンスを与えてもらえず時間が過ぎていく・・・それならばと鰹を構ってみるものの相手にもサレズ・・・

午前11:00頃から漁師の方々が順々に港へ向いていく・・・「釣れたのかな~?」とか思っていた矢先チャンスが巡ってきた。

というのもこのハネ釣り、イワシを撒いて散水しながら擬餌針で釣っているのは皆さんもご存知かと思いますが、この撒き餌のイワシ、実は撒いたら全部捕食される訳では無く生き延びて船の陰に隠れたりするんですね。

そう!お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この船がどいたタイミングこそ釣師にとってはチャンスで、船に隠れたイワシには気の毒な話ですが、隠れ家が急にどっかへ行ってしまうので隠れたイワシは丸裸に・・・当然それを見つけたキハダやシイラが飛び掛る。なので船がどいた瞬間は自分が投げて届く範囲にいるならば凄いチャンスなんですね! で、今回運よく私の位置がそれに当たったので、すかさず正確にロングキャスト!船の引き波のやや向う側へ着水させ落ち着いてワンアクションで引き波のど真ん中にルアーを止める。その瞬間予定調和のドッカンバイト!「ッシャー!!」と言いかけた矢先ポロリン・・・まさかの鈎外れ(;´・ω・)

「マジか~!?」

では気を取り直して次!と言いたいが中々そうはチャンスを貰えるものでも無く又時間が過ぎていく・・・

今度はスーパーボイルに遭遇。こんな時に限ってリーダーがルアーに絡んでしまう(泣)

取り敢えず間に合ったので投げてはみたもののマグロには無視されいい所無し。そして次のスーパーボイルでもやや出遅れた感があるな~と艫からみているとミヨシのメンバーがヒット!

 

そして・・・

DSC_2354

見事キャッチ成功!

キャッチしたのは スタジオコンポジットの吉田さん。サイズは27kgでした。

おめでとうございます!!

 

で、私はどうだったかというと・・・まっお察しの通りです。次回こそはっていう感じですかね~(笑)

 

実は前回書いたブログ、前々回書いたブログでヒントがあったのですが、それは・・・この写真をご覧ください。

今回釣り上げたマグロの胃袋の中身です。

ベイトは小サバ。先日の筏釣りでヒラメを釣ってたあのベイトです。今シーズンはホント岸際から沖合まで小サバの群れが凄い!!そしてそれを捕食しようとしているプレデターも多い!そしてそれはヒットパターンにも繋がりマッチ・ザ・ベイトを上手く表現して喰わせた吉田さんの技ありの一尾だと思います。

ヒットルアーはヤマリアの「ラピード」

でした。ジャストサイズですよね。

今年はどこで釣るにしてもある程度小魚を追い回して捕食している側の魚を釣るのであればこの小サバベイトパターンは頭に入れておいた方が良さそうです。

いよいよ夏本番そろそろパワー全開のやり取りでキハダをねじ伏せたいですね。

いつになる事やら・・・

 

最後に・・・

酷暑が続いています。特にキハダ初キャッチを目指している方へ・・・一度ファイトしてみると良く解りますが、この時期にこういった大型魚のやり取りをし無事船内に釣り上げた後水分が足らなくなる事が多々あります。私の水分の目安としてはこの時期なら4L~5Lは持っていくようにしております。皆さんも熱中症には気を付けて夏の大物釣りを楽しんで下さい!!