2019.08.31

2019年9月の船釣りターゲット 船長さん・漁師さんに直接お聞きしました!!

【展望】

 まさかまさかの"熱中症"!
食思不振・入眠障害・思考力低下などの体調不良を押して出かけた「子ども船釣り教室」。
水を大量に飲みながら子どもたちと船釣りを楽しんでいたが、出港2時間後から様子がおかしくなってきた。
頭がふらつき、嘔吐が激しい。約30分間で4~5回吐いた。
帰港してからも、まっすぐ立っておれず、冷房を効かせた車の中で休ませてもらった。
家に帰ってからも嘔吐、掛かり付け医に直行。 点滴を受け、数時間の安静でようやく気分が落ち着いた。
体調を元に戻すため1日1リットルの経口補水液を5日間飲み続け、現在はほとんど前の状態に戻っている。
『バカは、風邪もひかないし、熱中症にもならない?』と聞いていたが今年は例外らしい。
好きなことをやっているとついつい"熱中"し、"熱中症"になりやすいとのこと?!
皆さんも大いに気を付けて下さい。

 さて、本論に移りましょう。
相変わらず“高水温”と“黒潮の大蛇行”が続き、魚の生態に多大な影響が出ています。
カツオ漁もイワシ漁も不調のようです。
9月、御前崎沖ではカツオが釣れ続け、伊勢湾ではタコに変わりタチウオが主役の座に躍り出ます。
日本海側では、マイカが主役の座に居座ることでしょう。


【遠州灘】  カツオ・タチウオ・イサキ

  • 茂吉丸(御前崎)⇒カツオ一本(TEL:0548-63-3466)
  • 福寿丸(福田)⇒アジ・イサキ・タチウオ(TEL:0538-58-0657)
  • わし丸(新居)⇒アジ、タチウオ・ヒラメ(リレー乗り合い)(TEL:053-595-0171)

漁場情報 ⇒
シラス漁、例年並み。浜名湖内ではサビキ釣りで小アジ・コハダが良く釣れている。
<深井さん>

190827img1
[御前崎のキハダ]


【伊勢湾】  タチウオ・ヒラメ・サワラ & キハダ

  • 松新丸(片名)⇒タチウオ・カワハギ・小ダイ五目(TEL: 0569-63-1173)
  • 山洋丸(鳥羽)⇒ヒラメ(イワシの泳がせ)、ワラサ・サワラ(キャスティング)(TEL:0599-32-5967)
  • 鯛屋(大紀錦)⇒カンパチ・ハマチ・ワラサ、キハダ(トローリング)(TEL:0598-73-2009)

漁場情報 ⇒
タコ漁は平年並み。青物・タチウオが目立つ   
<城山さん>

190827img2
[師崎沖のタチウオ]


【越前若狭沖】  マイカ & ヒラマサ・マダイ・ハマチ

  • 豊漁丸(色浜)⇒マイカ・アジ(TEL:0770-26-1160)
  • 米春丸(美浜)⇒マイカ(イカダイ)(TEL:0770-32-1066)
  • 川口渡船(大島)⇒マイカ、マダイ・ハマチ・ヒラマサ(TEL:0770-77-0435)
  • 荒谷釣具(鷹巣)⇒ヒラマサ・マダイ、マイカ(夜)(TEL:0770-85-1604)

190827img3
[美浜沖のマイカ]

[ 中部地方の沖釣り情報(JOFI東海) 編集部 R1.8.27 ]