2019.11.01

2019年11月の船釣りターゲット 船長さん・漁師さんに直接お聞きしました!!

【展望】

今月の電話取材では「この10月は週末ごとに台風や大雨が来て、ほとんど出船できず、商売上がったりだよ!!」と嘆く船長が目立ちました。
しかも、その台風が“今まで経験したことがないような大型のもの”ばかりでした。
この大型化の主要原因が、地球温暖化による海水温の上昇にあるとのことです。
「日本周辺の海水温が今より1~2度低かった時には、日本に近づくにしたがって勢力が衰える台風が多かったのですが、近海水温の上昇によって、大きな勢力を維持したまま日本に近づく台風が多くなった」と気象庁は説明しています。
スウェーデンの16歳“グレタ・トゥーンベリさん”の「(温暖化の)危機が悪化するのを防ぐために、あらゆる手を打とう」という訴えを、我々はもっともっと真剣に受け止め、個人個人が温暖化防止の具体策を着実に実行していかなければならないと思います。
 さて、本題の『釣り』に話を戻しましょう。
10月は、釣れる魚と釣れない魚が顕著に分かれました。前者の代表はタチウオ、後者はマイカです。
マイカの不漁の原因にも地球温暖化が見え隠れしています。
マダイ・ブリ御三家(ワラサ=ブリ、カンパチ、ヒラマサ)は、例年以上の釣果が期待できそうです。


【遠州灘】  タチウオ・ マダイ & ヤリイカ

  • 茂吉丸(御前崎)⇒ヤリイカ中心(TEL:0548-63-3466)
  • 福寿丸(福田)⇒マダイ・イサキ五目(TEL:0538-58-0657)
  • わし丸(新居)⇒アジ、タチウオ、泳がせリレー乗り合い(TEL:053-595-0171)

漁場情報 ⇒
台風のためシラス漁不漁。天竜沖でタチウオ好調。
<深井さん>

御前崎のヤリイカ[御前崎のヤリイカ]


【伊勢湾】  マダイ・タチウオ・ヒラメ・カワハギ

  • 松新丸(片名)⇒タチウオ・カワハギ・フグ・ウタセ五目(TEL: 0569-63-1173)
  • 山洋丸(鳥羽)⇒ヒラメ(イワシの泳がせ)、ウタセマダイ、ブリ・サワラ(ジグ)(TEL:0599-32-5967)
  • 鯛屋(大紀錦)⇒大アジ・イサキ・マダイ・チダイ(タテ釣り)(TEL:0598-73-2009)

漁場情報 ⇒
イセエビ漁好調。マダイは数は多いが、型は小さい、50~70mで大ダイ狙いが良いか?
<城山さん>

鳥羽沖のヒラメ 他[鳥羽沖のヒラメ 他]


【越前若狭沖】  ヒラマサ・マダイ・アジ & タルイカ

  • 豊漁丸(色浜)⇒タルイカ・ヒラマサ等青物(TEL:0770-26-1160)
  • 米春丸(美浜)⇒チダイ・底物五目(カサゴ・アマダイ等)(TEL:0770-32-1066)
  • 川口渡船(大島)⇒アオリイカ・マダイ・ヒラマサ・ワラサ(TEL:0770-77-0435)
  • 荒谷釣具(鷹巣)⇒ヒラマサ・ワラサ・マダイ(TEL:0770-85-1604)

鷹巣沖のワラサ[鷹巣沖のワラサ]

[ 中部地方の沖釣り情報(JOFI東海) 編集部 R1.10.27 ]