スタッフ釣行レポ

爆風のティップランエギング!in至丸渡船 エギの使い分けもご紹介!

爆風のティップランエギング!in至丸渡船  エギの使い分けもご紹介!

釣行日2023年11月11日

天気晴れ

店舗松阪店

 536 ビュー

アングラー 豊田 瑠希哉
エリア ,
場所 紀北町 矢口浦 至丸渡船さん
釣りジャンル ,
釣果 アオリイカ ~960g×8杯

紀北町 矢口浦 至丸渡船さんにお世話になり、ティップランエギングに行ってきました!

予報通りの大爆風でティップラン日和?です。初めは風裏の島の周りを流してもらいますが、ポツポツという感じ。今回はエギリー ダートマックスTRも使って、ティップランナーとの違いも勉強しました。最後に書いておきます。

20メートルラインで、ティップランナー3号にシンカー30~40gを使い、帰港前に大爆釣!そこで数をのばし納竿。この日もティップランナーのパープル系が大活躍でした!

ここからは今回私が感じたティップランナーとダートマックスTRの違いを書きます。

フォール姿勢です。ティップランナーはどちらかというと水平姿勢で落ちていきます。フォール姿勢が安定するためフォール中に抱くことも多いのだと感じました。

逆にダートマックスTRはスーと落ちて停止時にはブレずに安定する。そう感じました。

色々な場面でエギを使い分けることで釣果が変わる理由が分かった気がする釣行でした。

投稿の削除、違反報告等お問い合わせはこちら

絞り込み検索

【絞り込み検索の使い方】
「月別」「エリア」「ジャンル」を組み合わせて検索したい場合は、先に「月別」を選択してから、その他の項目を選び「検索する」ボタンをクリックしてください。

カテゴリ