スタッフ釣行レポ

北陸一晩目はメバルに助けられる。

北陸一晩目はメバルに助けられる。

釣行日2024年05月26日

天気雨のち曇り

店舗名古屋北店

 118 ビュー

アングラー 中村 満
エリア
場所 北陸方面
釣りジャンル
釣果 メバル他

仕事終わりから走りまず1ヶ所目、アジを探しますが2度怪しいアタリがありましたが群れが居ないので即移動を決断。次にセイゴ考えましたが徐々に釣果が減っているので曇り空が月を隠してくれているのでメバルに走ります。ポイントに着いてタックル準備を済ませ釣り場に立ちますが爆風、それでも投げて自分が思うラインを何とか通しますがフグが触っただけなので少し移動してもっと障害物の際を引ける立ち位置を探し投げているとコッ!と来たが重さが乗って来ないのでロッドで微かに聞くとコココンとそこでアワセ!ドス!と重さが乗りゴンゴンゴンとロッドを叩きます。根から早く離さないとヤバいので大きくポンピングしてから細かいワンピッチに切り替えます。魚が寄り出して半分ほど寄せたところでマサカのスタック…. ビクともしないが緩めるとゴンゴン頭を振るのでしばし待ちながら緩めたり張ったりしていると奥へ出た!ロッドを起こし一気に寄せて魚を確保するとデカいメバルでした。後に自宅計測でジャスト30㌢と判明、血抜きをして次を狙います。同じラインをイメージして何度か投げるとトン トトトン と来たのでアワセを入れるとロッドが大きく曲がります。106fMHのエンカウンターが見事に曲がり上がって来たのは28㌢クラスでした。もう無理かと思いましたが少し引くラインを替えて遠投からの風に押される分を予想しつつデッドスローで巻くとロッドが重くなる、巻かずにロッドで聞いてみるとゴンゴンゴン!と叩くのでそのままアワセ!この魚もかなり抵抗して上がって来たのはナイスメバルでした。これ以降は1度怪しいアタリがありましたが爆風で無理なのでセイゴ狙いで移動します。エステル05号タックルで開始そうそうシマイサキが掛かり少しして見事なアタリにアワセを入れるとデカいセイゴがジャンプ!軽く60㌢を越えている、足場を障害物から遠い方に移動して圧をかけて止めに掛かりますが地味にラインを出され最後は何かにラインが擦れてラインブレイク、残念。タックルをPE06号の強気タックルにして投げて探ると カン!と来て重さが乗ったので全力でアワセを入れると魚が突っ走る、何度もラインを出されネットに入れようとすると魚はボラでした。ラストにもう1回恐ろしい引きの魚が掛かりましたが掛かりが浅くバレて一晩目は終了です。

30㌢29㌢28㌢のメバル3匹を確保出来ましたが逃したセイゴが痛い・・・

投稿の削除、違反報告等お問い合わせはこちら
    

このような記事も人気です!

絞り込み検索

【絞り込み検索の使い方】
「月別」「エリア」「ジャンル」を組み合わせて検索したい場合は、先に「月別」を選択してから、その他の項目を選び「検索する」ボタンをクリックしてください。

カテゴリ